市役所の風
県庁の星ならぬ、市役所の風。 このプログは、市町村から国まで、いろいろ役所仕事と市民を考えます。
訪問者数

最近の記事

スポンサードリンク

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

フリーエリア

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

月別アーカイブ

RSSフィード

フリーエリア

プロフィール

衣谷 一

Author:衣谷 一
(作成中)

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

退職したら(TV「学べるニュースショー」より
 今日のテレビ番組で、夫が突然のリストラにあったら…というのがありました。
 その中で、退職届を書いてはいけないとか、ハローワークなどの再就職活動の話のほかに、
 「節約術」として、国民年金の免除の話がありましたが、ちょっと説明不足ですね。確かに免除をうけたら払わなくても3分の1の額がもらえるのですが、説明はそれで終わり。
 必要書類とかの説明はないのはともかく、免除期間の分も「追納」すれば3分の1でなく、満額もらえるし、(詳しい説明はもっとできるが略)。また、設定の世帯の場合、離職で全額免除できるが、
たとえば、両親と同居していて「夫」が世帯主でなく、世帯主の収入が多い場合全額免除とならないこともある。
 それから、大事な健康保険のことに触れられていない。社会保険の任意継続か国民健康保険か。
国民健康保険料は高い。減免についても触れるべきだろう。
 それに、再就職がきまるまで、雇用保険の失業給付があること、自己都合退職の場合は3ヶ月もらえないことなどポイントが落ちている。
スポンサーサイト

テーマ:年金 - ジャンル:政治・経済

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wardoffice.blog35.fc2.com/tb.php/22-5190cbfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。